CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Nihon Metto Rengo Nihon Metto Rengo shin D-tracker Nihon Metto Rengo ami CRM250AR Nihon Metto Rengo Take-shit D-tracker Nihon Metto Rengo tanabe CRM250R Nihon Metto Rengo masaya YZ125 Nihon Metto Rengo jun D-tracker Nihon Metto Rengo madz KTM250EXC-R Nihon Metto Rengo n@k D-tracker Nihon Metto Rengo shin ape
MOBILE
qrcode
<< 【KLX250をモタード化】その1.パーツ集め。 | main | 【KLX250をモタード化】その3.ハブ塗装 >>
【KLX250をモタード化】その2.リムをハーフに
どもー。

都心は台風一過ってやつですなw
昨日は仕事帰りの時間と大荒れなタイミングがかさなってけっこー酷い感じになってましたね〜。
渋谷駅前は折れた傘とか飛びかってて、パンチラとか見えそうでwww


はい、そんなわけで前回に続きDトラ化への続編です。
手初めにサクッとできそうなリムをハーフに加工。

アマゾンで1.5m 700円くらいで売ってた車用のラッピングフィルムを使ってみます。



リムにラッピングフィルムて...。。

タイヤレバーでゴリゴリになりそうですが、まぁいいっしょ、ということで。
施工は脱脂して貼るだけです。



ドライヤーで温めながら曲面にちゃんと沿うように貼り付け。
雨とか、土とかつきますからね、粘着面に入り込まないようにピッタリと貼りまして。

スポーク穴の部分はさすがにどーしようもなかったので丸くくり抜いて。



こんな感じでハーフになりました。
タイヤを組む際は、ラッピングしてない方にタイヤレバーを使用して組む感じにすればイケるかな〜と。
もちろんペイントした方が強度はありキレイですが、安く自分でやるのがコンセプトですので(^ω^)
リアリムも同様にラッピングして総額700円で完成w

お次は文字でも入れてみようかなというわけで、スポーク穴の位置を測定。



こんな感じでスポーク穴の位置を測って、サンプルを作って当ててみてズレを修正してきます。
けっこーめんどくさそうですが、4穴くらいを測って、あとは同間隔に並んでいるので簡単です。

今回はライムグリーンメタリックのカッティングシートを用意したのでそいつを切ってみましょう。



こいつは1mで1880円もしました...。屋外使用で4年耐候のもの。
いつものステカでカットしまして。

リムに貼り込んで完成!



ライムグリーンメタリックのシートはアルミリムへのなじみがよくて塗装したような雰囲気になりました(^ω^)

リムの半分は黒のカーボン柄。
残り半分はKAWASAKIの文字。
ふんふん。まー素人なのでこんなもんでしょう。


さて、お次はちょっとめんどくさいハブでもやりましょうかね、と。
もちろん、続きますw

ってな感じで。
では、またー!
 
| KAWASAKI D-tracker&KLX | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |






コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nmr-net.com/trackback/1089506
トラックバック